コンナムルクッパ@全州

全州といえばビビンバですが、負けずに町中で存在感出しまくりなのがコンナムルクッパ。豆もやし入りのクッパです。日程に余裕もあったので、2店で味比べしました。

最初に訪れたのが、有名店とされるウェンイ。

wengi

ウェンイ外観。12時前に入ったらすでにほぼ満席状態

 

コンナムルクッパは、豆もやしがどっさりと入ったクッパ。基本は朝食に好まれるそうです。二日酔いに聞くとか。酒飲みじゃない私にはさっぱりわかりませんがね。

wengi1

コンナムルクッパ

 

面白かったのが、一緒に付いてきた玉子。暖かいお椀に入っていたので、一番底の部分が白く固まって、いい感じ。ここに韓国のりを手でちぎって投入。

wengi2

半ゆで状態の生卵に韓国のりを投入。韓国のりファンにはたまらない・・・

 

あと、コンナムルクッパのスープをスプーン2~3杯入れて、混ぜ混ぜ・・・

不思議な見た目ですが、これが結構美味しい。どこかのブログによると、これを最初に食べて、胃に膜をはるんだそうな。

wengi3

半ゆで状態の玉子ミックス。これご飯にかけるだけで美味しそう

 

肝心のコンナムルクッパですが、辛い!!こんなに優しそうな見た目なのに、汗が吹き出てくる辛さ。このツンデレ感(?)たまりません。

wengi4

薄口な見た目にそぐわない暴君ぶりを発揮するコンナムルクッパ

 

胃へのストレスが半端ではなかったけど、なんとか完食。退店時に目に入ったのが、このお菓子。揚げたお米で、ティーバップと呼ぶそうです。小さなカップ1杯分を食後に食べて、辛さを落ち着かせてくれるそうです。さっそく一杯すくってモシャモシャ頂きました。(後ろにいたおじさんは、手でわしづかみしてワシャワシャ食ってました。豪快。。)

wengi5

ティーバップ。気の利いたサービスですが、今度は口の中が渇く~

 

2店目は、滞在下モーテルの近くにあった、ジョンジュオク(全州屋)という、こちらもコンナムルクッパ専門店。2日連続のもやし汁。

jeonjuok1

全州バスターミナル付近にあるジョンジュオク

 

前回のレッスンを元に、辛さを押さえて作ってもらえるか聞いてみると、基本メニューで辛さの調整(激辛・辛口・普通・辛さ控えめ)ができるとのこと。もちろん控えめで行きました。

辛さの問題だとは思いますが、前回より楽しい食事となりました。スープは若干ウェンイより薄めかも?ただ、店内の清潔感も高く、お店のスタッフの親切そうで、常連になるならこちらかも。

jeonjuok2

辛さ控えめでお願いしたコンナムルクッパ

 

ちなみに、どちらのお店も5000ウォン。もやしとご飯は基本おかわり自由なので、お腹のすいた貧乏トラベラーには最高の一品。

 

ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です