台湾紀行:台湾一住みやすい都市、台中へ

台中は、文字通り台湾の中心に位置する、台湾第3の都市。台湾国内では、最も住みやすい都市として有名。

駅前はさすがの忙しさ。

tc_station

台中駅前

 

台湾来て改めて気づかされたのは、やっぱり人が優しい。言葉的には英語がほぼ通じなくなるので、妻の片言中国語頼りになってしまいますが、言語の差だけじゃなく、ジェスチャーでもなんでも頑張って理解してくれそうとする人が多い。

(東南アジアでも概ねいい人が多かったのですが、言葉の差が大きくなって特に優しさを感じるのかもしれませんが・・・)

tc_manju_obasan

台中駅前で露天を開く陽気なおばちゃんとお姉さん/このまんじゅうも美味しかった

 

台中はちょっとゆっくり滞在。特にあてもなくウロウロ。

宿泊先の近くにあった美術館が思ったよりよくてびっくり。入場も無料。色々見ていたら、なんだかスケッチしてみたくなって、結果、数日後にはスケッチ用の鉛筆買ってました。笑

tc_art_museum

国立台湾美術館

 

一日だけちょっと足を伸ばして、日月潭(Sun Moon Lake)という有名な湖に行ってきました。

台中からバスで約1.5時間。どことなく日本の温泉地を思い起こさせる観光地。週末と言うこともあり、国内からの観光客でごった返していました。

tc_sun_moon_cruising

日月潭でクルーズ

 

この手の観光地に欠かせないロープウェイも。ちなみに、至る所にワンピースのキャラクター。あの漫画は嫌いではないんですが、なんか興ざめ。。。

予想以上に混んでいたのもありますが、全体的にイマイチな日帰り観光でした。。変に開発してなければ、たぶんもっと綺麗なところなんだとは思いますが。

観光開発は本当に難しいですねぇ。。

tc_ropeway

日月潭を空から堪能

——–

台湾は安い宿泊施設に本当に困ることがありません。だいたい駅前に安いホテル(大飯店/旅社)があって、都市によりますが、だいたい一泊2000~3000円で泊まれます。日本の安いビジネスホテルレベルが多く、たまに超綺麗で安い所もあったり、超ボロボロで幽霊でそうな所があったり、ホテル探しも楽しみの一つ。

今回、台中ではちょっと雰囲気変えて、Airbnbというサービスを通じて、現地のアパートを短期間借りてみました。Airbnbは、ハワイで思い出深いジャングルキャビンを借りて以来2度目。

これが大正解!

台湾一住みやすいと言われている台中生活も少し垣間見ることが出来たのはもちろん、ホストの夫婦も本当に親切で快適な滞在でした。

どうやら我々が最初のゲストだったらしく、向こうも色々と気合いが入ってました。駅までの送迎はもちろん、周辺の簡単なツアーから、ランチまでごちそうになったり。しかも宿泊代金も格安。部屋も広くて快適。久しぶりに洗濯機を使えたり、かなり長い時間アパートで過ごしました。なんだか久しぶりの「自宅」でまったり。。

tc_room

台中ではアパートを借りて滞在

 

tc_shui_jiao

ご馳走になった水餃子

2 Comments

  • MOMOE
    2015年1月23日 - 4:33 PM | Permalink

    始めまして!
    Airbnbを使って来月台中に滞在したい思い、調べていたところこちらのサイトへたどり着きました。
    私はAirbnb初心者なのですが、こちら記事に書かれていたホストの情報を教えて頂けないでしょうか。
    もしかしたら、もう辞めているかもしれませんが、とても素敵なホストのようなので、是非コンタクトをとってみたいです。

    宜しければお願いいたします。

    • satoshi
      2015年1月23日 - 5:48 PM | Permalink

      コメントありがとうございます。

      昔のメールから調べてみましたが、残念ながら今はもうやってないようです。
      ただ、当時と比べると、台中も物件も増えたように見えます。良い物件が見つかるといいですね。

      では、よい旅を!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です